猫のご飯の適正な回数と量は?猫ちゃんを長生きさせるには

最近子猫を飼い始めた親戚のお兄さんが、ご飯の与え方に悩んでいるのだとか。
なんでも、食べすぎで少しお腹がぽっこりしてしまっているそうです。
一度に上げるエサの量が多いのが原因なのかな〜なんて言っていました。

雄の猫ちゃんってモリモリ食べる分、動かないとすぐに太っちゃうんですよね〜。
室内飼いだとなおさら、気をつけたい問題です。
今回は、猫のご飯の適正な回数と量について紹介しますね。

猫のご飯の回数

元々狩猟動物である猫は、少量のエサを何回かに分けて食べる習性があります。
肉食動物は消化が早く、食べたものを長く体に留めることができないのです。
そのため、猫の食事は、朝、夕方、夜の2~3回に分け、決まった時間に与えるのがオススメです。

1日1食で過ごすのは人間でもつらいですよね。
猫の場合、空腹で長い時間を過ごすと、次の食事の際に急いで食べるようになってしまいます。
その結果消化不良となり、食後に消化しきれなかったエサを吐き戻してしまうことがあります。

また、2回に分けた場合も1回目と2回目の食事の間隔が長いと、体が脂肪を溜めこみやすくなり、肥満の原因になることもあるので注意しましょう。

子猫に与えるご飯の回数

子猫は消化機能がまだ未熟なため、一度に食べられるご飯の量が多くありません。
飼い主さんは一日の食事回数を成猫よりも数回増やして与えるようにしましょう。
成長とともに必要なエネルギーが増えるので、猫ちゃんの様子を見ながら量と回数を調節するのがベストです。

決まった時間にご飯を与えられない時は?

自分のペースで食事ができる猫ちゃんの場合は、エサの容器に一定量の
傷みにくいドライフードを入れておき、自由な時間に食べられるようにしておく方法でも大丈夫です。
お仕事や家庭の都合で決まった時間にご飯を与えることができない飼い主さんは、この方法に猫ちゃんを慣れさせておきましょう。

私が一人暮らしをしている時も猫にこの方法でエサを与えていました。
飲み会や残業があるとなかなか決まった時間にご飯をあげられないんですよね…。
仕事に余裕があるときは「猫がいるので帰ります!」と言って意気揚々と退社するのですが(笑)
猫ちゃんもすぐにエサの食べ方に慣れてくれて、私が帰宅してエサを出してもがっつくようなことはありませんでしたよ。

ただし、この方法を試す場合は猫に与える食事の適正量をあらかじめ知っておきましょう。

猫のご飯の適正量

それでは、猫のエサの適正量とはどれくらいなのでしょうか?
一般的に、成猫が1日に必要とするエネルギー量は、体重1kgに対して約64kcalと言われています。
これは個体や運動量によって変わってくるので、その時の猫ちゃんにあわせて変えてあげましょう。

例えば、完全室内飼育や運動量の少ない猫なら、体重1kgに対して約52kcal程度を目安にします。
もし、肥満気味の猫であれば、おやつを控えたり、低カロリーのフードに替えるなどして摂取カロリーを抑えましょう。
逆に、妊娠中や子育て中で母乳をあげないといけない猫は通常の2~4倍のエネルギーが必要になります。
栄養価の高いエサを与えてあげてください。

成猫の一日に与える食事量例

  • 1kg→52~75kcal
  • 2kg→83~119kcal
  • 3kg→109~157kcal
  • 4kg→132~190kcal
  • 5kg→153~220kcal
  • 6kg→173~249kcal
  • 7kg→192~276kcal
  • 8kg→209~302kcal
  • 9kg→227~327kcal
  • 10kg→243~350kcal

※(猫の体重)→(1日に必要な摂取カロリー)

今回は適正量をカロリーで紹介しましたが、市販されているエサには、パッケージに給与量がわかりやすくグラムで表示されています。
側面に記載されていることが多いので、ぜひチェックしてみてください!

老猫に食事を与えるときは?

今は子猫でも、猫の成長は早いもの。
7歳を超えると、猫は老齢期を迎えます。
老齢期に入った猫は人間と同じように、歯や内臓の機能が衰え始めます。
そのため、成猫のとき以上に食事内容への配慮が必要になってきます。

まず、7歳を過ぎた段階で、シニア用のエサに切り替えましょう。
シニア用のエサを与えるときのポイントは以下の2つです。

  • 総量は控えめにし、タンパク質、脂肪を質の高いものにすること
  • 可消化率の高い炭水化物の割合を増やし、カロリーや塩分は控えめにすること

食事の回数は成猫のときよりも増やすことをオススメします。
老猫は一回の食事で食べられる量が少なくなるため、成猫のときのままの回数だと空腹の状態が続いてしまうことになります。
これは、内臓の機能が低下することにより、一回の食事での消化量が少なくなってしまうためです。

また、老齢になると、あまり動きたがらなくなり、運動量以上のカロリーをとってしまいがちです。
肥満は糖尿病、心臓病などの原因。
食事のカロリーは、成猫のときよりも2割ほど減らしてあげましょう。

もし、お仕事や家庭の都合で回数を増やすことができない場合は、置きエサをして猫が自分のペースでご飯を食べられるように小さな頃から習慣づけしておきましょう。

まとめ

  • 成猫に与える一日のご飯の回数は2〜3回がオススメ
  • 子猫と老猫は成猫よりも数回増やす
  • 決まった時間にご飯を与えられない時は置きエサに慣れさせると良い

適正量を守り、健康的な体重を維持できるように心がけましょうね。
健康的な食生活に気を配ることで、猫ちゃんと末永く幸せに暮らしましょう!

最後に:悩みがあって辛い時は電話占いをしてプロに頼ろう!

加奈子さん
悩みはあるのに誰にも相談できない状態になっていませんか?

実はそれって精神的にすごく負担がかかることなんです。

主婦だと我慢することも多くて大変ですよね。

その気持ちとても良くわかります。

しかしだからこそ、

自分をもっと大切にして欲しいという思いがあります。

私は過去に自分を大切にできなかったために

辛くて苦しい毎日を送っていました。

誰にも相談できる相手がいなかったのです。

だけど今は電話占いをすることによって

定期的にストレスを発散することができています。

「誰かに悩みを話す」

たったそれだけで

辛い日々から脱出することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。