育児だって褒められたい!褒められ上手になれる方法とは?!

加奈子さん
こんにちは!加奈子です。

皆さん育児をしていて、誰かから褒められる事ってありますか?

主婦は育児や家事をするのが当たり前と思われることが多いですよね。

外に働きに行っている旦那は仕事で成績を残したら上司から「頑張ったな」と褒められることはあるでしょうが、育児はそうもいきません。

365日24時間育児をしている私は褒められないのに、1日8時間しか働いていない旦那が褒められる。

「こんなに頑張っているのに、なんで誰も褒めてくれないんだろう。褒めてもらえないのになんで一生懸命になっているんだろう」とふさぎ込む日々。

そんなことを考えているうちに育児にやる気もなくなりました。

子供にご飯を食べさせたり、おむつを替え、ミルクをあげるなど、毎日の育児に疲れてしまい洗濯物が山積みに。

旦那が帰ってきて「まだそんなことも終わってないのか!」と褒められるどころか、叱られる始末…。

「このままじゃ育児も旦那との関係もダメになる!」と思い、私が試した褒められるための方法をご紹介します。

旦那や周りから褒められて、気持ちよく育児を行いましょう♪

褒められ上手になる方法

誰でも褒められたら気分がよくなりますよね。

「最近お仕事頑張ってるね!」とか「今日の服かわいいね!」とかそんな些細な事でも気分がよくなりませんか?

実は「褒められ上手」になるコツってあるんです!コツを知って沢山褒められちゃいましょう♪

加奈子さん
意外とすぐにできるコツがあるんだよ!

褒められたらまずお礼を

今まで全く褒められたことがないって言う人は少ないと思います。褒められたら、その時はチャンスだと思いましょう!

最大の褒められ上手になるコツは、褒められたらまずは「ありがとう」とお礼を相手に伝える事です。

自分が褒める側だったとして、相手を褒めた後に「ありがとう」と言われたらなんだか嬉しくなりませんか?

「この人は褒めたらきちんとありがとうって言ってくれる」って思い、また褒めてあげたいなと思うものです。

何か褒められたら条件反射のように「ありがとう」と言えるのが理想です。

私も友人に「育児頑張ってるよね!すごい!」と褒めてもらった時に「ありがとう。嬉しい!」と伝えました。

あまり褒められないから嬉しくなり、自然と笑顔で「ありがとう」と言えます。そうしたら友人も嫌な気はしないですよね。

私の友人も「褒めた甲斐がある!」と喜んでくれました。自分も嬉しい気持ちになり、友人も喜んでくれたので、すごくいい気持ちになれました!

それからは褒められたら必ず「ありがとう!」と伝えるようにしています。

加奈子さん
些細な事だけど「ありがとう」って大切だよね♪

さりげなく相手を褒める

褒められた時に、褒め言葉の方向を上手に変えて、最終的に相手を褒めます。

「自分が相手の事を褒めたのに、気づいたら自分が褒められていた」なんて事ありませんか?

例えばお仕事なら「○○さん、あの営業報告書なんだけど、すごく見やすかったよ。すごいね、よく書けていたよ」なんて嬉しい言葉を頂く事ありますよね。

そんな時に「ありがとうございます!これも部長に授かったアイデアのおかげです。私も部長くらい詳しい知識があればと思います。」など。

あまり褒めすぎると相手も「ん~…。」と思ってしまうので、あくまでもさりげなくです!

私は以前、子供をうまく寝かしつける事ができませんでした。育児だけではなく、家事もあるので時間が全然足りません。

だんだんと慣れてきて、1日でやりたいことが終わり、久しぶりに旦那との時間を過ごせた日がありました。

その時に「寝かしつけもできて、家事も全部できてすごいね。ありがとう」と言われました。

普段褒められないし、あまりに唐突だったので一瞬フリーズしてしまいましたが、嬉しかったですね。

旦那に「ありがとう。いつもお仕事頑張ってくれるのと、あなたが家事と育児に協力的だからできたの!助かる。」と伝えたところ、旦那も嬉しかったのか照れていましたね(笑)

褒めたつもりが、自分も褒められたら思わぬ事態で照れてしまいますが、やっぱり褒められると嬉しいものですよね。

加奈子さん
褒め合える関係って素敵よね♪

謙遜しすぎない

褒められるとどうしても「いやいや、私なんて全然ですよ…」なんて、こんな風に謙遜してしまう事ってありませんか?

少しなら問題ないですが、何度も「いやいや私なんて」とか「そんなことないですよ」と続けていたら褒めている方もいい気はしないですよね。

私も以前友人から「育児と家事両立すごいよね~」と褒められ「いやいや、そんなことないよ」と謙遜を繰り返していました。

なんて答えていいかわからず、とりあえず当たり障りないように「そんなことないですよ~」と言っていたのですが、それが大間違い

後々友人から聞いた話なのですが、「謙遜されると褒めた事が無駄になった気がする。素直にありがとうと言われた方が何倍も嬉しい」と言われました。

確かに相手が自分の事を見てくれて、せっかく褒め言葉をかけてくれたのにそれを捨ててしまうようなものですよね。相手に失礼だなと思いました。

それから私は褒められたらありがとうと伝えるようにしています。

ですが、少しの謙遜は必要です。過剰に謙遜するのではなく、少しだけ自分を落として見せる事が最大のコツです。

たとえば褒められたら「ありがとう。○○にアドバイスもらったから私でもできたんだよ。」というように、お礼を言い、自分を少し下げます。

ただお礼を言われるより、「○○にアドバイスをもらったから」という言葉があるだけで、相手にいい印象を与えますよね。

加奈子さん
素直にありがとうって言われた方が嬉しいですよね。

褒め方のコツ

褒められた時に、さりげなく相手を褒める事が大切です。

相手を褒めた時にただ「ありがとう」と一言そっけなく言われると、お礼を言われているのになんだかいい気がしないですよね。

「これならもう褒めなくていいや」と思ってしまうかもしれません。

ですが褒めた時に「ありがとう」に「○○のおかげだよ」と一言、褒め返しの言葉がついただけですごくいい気持ちになりませんか?

私も旦那が育児を手伝ってくれた時に「すごいね!」と褒めたことがありました。

「うん、ありがと」と言われた時もあれば、「ありがとう。いつも育児頑張ってくれてるのすごいね」と言われた事もあります。

当然、後者の方が気分がいいですよね♪それから相手を褒めるようにしています。

ですが「褒めるのってなんだかうまくできない…」って人もいますよね。私が普段から使っている褒め方をご紹介します!

加奈子さん
褒め方をマスターして、褒められるようになろう!

すぐ褒める

なんでも褒めればいいってことではありませんが、「今だ!」と直感的に思った時は褒めるようにしています。

褒めるのってタイミングが大事なんですよね。いくら褒め言葉を使ったとしても、その場に似つかわしくない事を言われても「え?何が?」ってなってしまいます。

例えば、旦那が髪を切って帰宅したのに、髪型については何も触れずに他の全然違う内容の事を褒め続けても、旦那からしたら「いやまず髪やろ」となってしまいますよね。

私もそうですが、外見の変化に気づいてもらえたら嬉しいです。髪を切ったら「髪切ったんだね」とか、いつもはかないスカートをはいたら「今日スカートなんだね。珍しい」とか。

要はその人が今何を褒めてもらえたら一番喜ぶのかを掴むことが大切になります。簡単なようで意外と難しいです。

コツは「相手の話をしっかり聞く」事です。コミュニケーションがきちんととれていれば相手がどんな事を望んでいるのかわかるようになってきます。

話の流れ的に「あ、この人これに触れてほしいんだな」と判断します。

私の旦那は褒めてもらいたい時は仕事で成功した話をさらっとしてきます。本当にさらっと(笑)

聞き逃してしまったらタイミングがなくなるような時に言ってくるので最初は苦戦しましたね。

ですが慣れてしまえば「今褒められたいんだな」とわかるようになってきます。そのタイミングを逃さず褒め続けましたよ。

旦那も最初は褒められても「ありがとう」と一言で終わっていました。

ですが褒める事を続けていくうちに「家事や育児をたくさん頑張ってくれているから俺も頑張ろうって思える」などちょっとかっこよく褒め返してきました(笑)

褒められた時はやっぱり嬉しかったですね。「また褒めてもらえるかな?」と思うと褒めるのをやめられなくなりました。

褒められると嬉しくなり、育児や家事がびっくりするほど進むようになって、一石二鳥だなと思っています。

加奈子さん
褒め続けて自分が褒められた時、「やった!褒められた!」ってすごく嬉しくなりました♪

一か所を褒める

褒めるといってもなかなかどこを褒めたらいいか、何を褒めたらいいか、いまいちわからないって事ありませんか?

褒めれば褒めてもらえる!というのはわかっても「ん~。どう褒めよう」と悩む人も多いと思います。

私も旦那を褒め続けていますが、最初は「いや、何褒めればええの。どこ褒めたらええんや」と悩みすぎて頭がパンクしそうでした。

「難しい事は無理だ。なんかどっか一か所褒めてみよ」と思い、一か所だけ褒める決意をしました。

「○○って目綺麗だよね」とか「腕の筋肉すごいね。たくましい!」とかそんな感じで褒めました。

するとすごく嬉しそうにしてくれたんです。「え?そんなんでええの?」と内心思っていました(笑)

ですが、それだけでいいんです!

一か所を褒められると不思議と自分全体が褒められたような気分になることってありませんか?

心理学では部分刺激の拡大効果と言われています。

自分の”一部”を褒められただけで、自分の”全体”を褒められたような気分になる、という心のメカニズムです。

褒め方が思いつかない人でも「一か所だけなら…」となんだか自分もできそうな気がしますよね!

「その服とても似合ってるね」とか「素敵な腕時計だね」とかそんな事で構いません。一か所褒めを実践してみましょう!

ですが、一か所褒めを否定的に受け取る人もいます。

「他に褒める所がないからそういうんでしょう」など思われがちなんですよね。なので相手の反応が微妙だった時には「本当にそう思っている」と伝えましょう。

それだけで全然違う反応になりますよ!

加奈子さん
一か所だけなら簡単にできるしすぐやってみようと思うよね♪

周囲が気づかなさそうな所を褒める

例えばイケメンの人に「かっこいい!」とか「イケメン!」とか言ってもきっと彼らは過去にたくさん同じような言葉を受けてきたでしょう。

いい加減もういいよって思っているかもしれないですよね。外見を褒められた所で反応はあまりよくないです。

なので外見ではなく他の人が気づかなさそうな所を褒めてみましょう!

例えば、約束の日には必ず先に来ているとか、周りより先に行動するとか。自分がいいと感じることをしていれば、そこを褒めるようにしましょう。

私の友人はランチに行く約束をして、待ち合わせをしたら必ず私よりも早く来ます。

私はだいたい5分前くらいに着くようにするのですが、友人はもうすでに待ち合わせ場所にいるんですよね。

ちょっと悔しくなって、10分前くらいに着くように行ったことがあるんです。そしたらやっぱり友人はいたんです。

「待たせている気がするからもう少し遅くでいいんだよ」と伝えても「私が待ちたいだけだから。好きな読書をして待ってるから気にしなくていいんだよ」と言われました。

いつも私より先に来て待っていることもすごいのに、そんな言葉をさらっと言える友人がとても素敵だと思いました。

つい「素敵な考え方だよね。ありがとう」と自然と口から出てしまいました。

友人も自分の中では当たり前な事だから褒められると思っていなかったらしく、びっくりしていました。

「今まで褒められた事もなかったし、これが自分の中で普通だと思ってたけど、そうやって誰かに気づいてもらって褒められる事って嬉しいね」

と言われ、たしかにそうだな~。と思い、それからは自分がいいと感じれば褒めるようにしています。

加奈子さん
当たり前だとおもっていたことを褒められるとちょっと得した気分だよね♪

まとめ

褒める事と褒められる事は連動していますね。

褒められ上手になる方法

  • 褒められたらまずお礼を
  • さりげなく相手を褒める
  • 謙遜しすぎない

褒め方のコツ

  • すぐ褒める
  • 一か所を褒める
  • 周囲が気づかなさそうな所を褒める

いくつになっても褒められる事って嬉しいですよね。

自分にあった方法を見つけてたくさん褒められましょう!

大変な育児中でも褒められる事でイライラもなくなり、育児が楽しくなりますよ!

最後に:悩みがあって辛い時は電話占いをしてプロに頼ろう!

加奈子さん
悩みはあるのに誰にも相談できない状態になっていませんか?

実はそれって精神的にすごく負担がかかることなんです。

主婦だと我慢することも多くて大変ですよね。

その気持ちとても良くわかります。

しかしだからこそ、

自分をもっと大切にして欲しいという思いがあります。

私は過去に自分を大切にできなかったために

辛くて苦しい毎日を送っていました。

誰にも相談できる相手がいなかったのです。

だけど今は電話占いをすることによって

定期的にストレスを発散することができています。

「誰かに悩みを話す」

たったそれだけで

辛い日々から脱出することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。