イヤイヤ期がひどい!!しつけの方法と叱り方とは

1歳半~3歳ごろにくるイヤイヤ期。癇癪のひどい子に毎日悩まされているママは多いと思います。この時期に子供は、やって良いこと、ダメなこと、出来ること、出来ないことを経験して学んでいきます。

ですが、外出先や時間のない時に駄々をこねるのはやめて~~!!と思っているママもいらっしゃいますよね。
ただ叱るだけではもちろん聞いてくれません。泣

私も3人分のイヤイヤ期を経験して、どのようにしたら少しでもラクにこの時期を乗り越えることが出来るのか試行錯誤したところ、いくつかのことを気を付けるようにしただけで子供のイヤイヤが減り、癇癪を起こすことも少なくなりました!!イヤイヤ期がラクになるしつけの方法と、ダメなことをしたときの叱り方をお教えします!!

子供の気持ちを代弁してあげる

まずイヤイヤが始まったときは、何に対して嫌と言っているのかを聞いて、その気持ちを肯定してあげましょう。
1歳半~3歳くらいの子供はまだ言葉をうまく話すことが出来ないので、自分の気持ちを充分に伝えることが出来ず、癇癪を起こしてしまうことが多いです。

そんな時は、
・「~~したいよね」
・「~~はイヤだよね」
など子供の気持ちを代弁してあげましょう。子供はママが自分の気持ちを分かってくれたと思って落ち着きます。

気持ちを代弁した後に、なぜダメだったのかを説明をしてあげましょう。いくらママが正しいことを伝えたいと思っていても、子供が癇癪を起こしていたら聞いてはくれません。話を聞いてほしいときはまずこちらが子供の話を聞いてあげるようにすると、言うことをきいてくれることが増えますよ。

私も最初は子供がイヤイヤした時やワガママを言った時、「これはダメだよ」と一言目で言っていました。
すると余計に「ぎゃーー!!」と怒ってしまって手が付けられなくなってしまうので、もうお手上げ状態です・・笑
ですがこの方法に変えてからは、癇癪を起こしても短時間で泣き止むようになったのでぜひ試してみてください。

一度気持ちを落ち着かせる

それでも泣き止まない場合は、一旦気をそらしてみましょう。子供はイヤイヤ言っているうちに何が本当にイヤだったのかを忘れてしまいます。笑
その場合はママが何を言っても意味がないので(子供本人も分かっていないため)、気分を変えてあげて落ち着いてからなぜダメだったのかを教えてあげましょう。

「~したくない」ときは興味をそらす

私が買い物中や広場で遊ばせているときに癇癪を起こされたときは、一旦外に出たりして場所を変えてみるようにしていました。
見える景色が変わると子供の興味も変わります。別のものに興味を引くことで、さっきまでの「○○したかった・○○がイヤだった」という気持ちが薄れて落ち着くのです。

移動中の車の中や、公共の乗り物の中など、すぐに場所を変えられない場合は別のものに興味を引いたりすると良いです。「○○が見える!!」や「あれなんだと思う??」など声をかけて気をそらすと、そちらに意識がいって気がまぎれます。

例えば私が子供に、出かける際に「コートを着るのイヤだ」と言われた時がありました。その時は、
「コート着るのイヤだよね。じゃあ○○くんは自分でこのかっこいい靴はけるかな!?」
と、言ってみました。

そして靴がはけたことに満足すると、あっさりコートを着てくれる場合が何度もありました。
他のことでも同じように他のことに興味をそらして、少し時間をあけることで気がまぎれるので、それまで嫌がっていたことをやってくれるようになることが多いですよ。

「~したい」ときは時間を決めてやらせる

次に子供が何かやりたいと言った時は、出来ることはなるべくやらせてあげましょう。
だいたいは「自分でやりたい」と言われたけど、時間がないのでママが先回りしてやってしまって癇癪を起こす・・
ということが多いと思います。

その場合は、「時計の針が”3”になるまでね」や、「10数えるまでね」など制限をつけて、ママが待てる範囲でやらせてあげると、子供は少しの時間でも欲求が通ったことに満足して落ち着きます。
いつも「ダメ」と言うと、子供は納得できずにイヤイヤが増します。危ないこと以外はなるべく「やりたい」という気持ちを尊重してあげることで欲求が満たされるので、気持ちが落ち着き、言うことを聞いてくれるようになりますよ。

ダメな理由は短く伝える

ここまで「子供の意見を肯定する」「子供のやりたいことはなるべくさせてあげる」と言いましたが、どうしてもしてはいけないことってありますよね。
私が経験したのは、
・お友達を叩こうとする
・駐車場で走り回ろうとする
・お店の商品を持って行こうとする
・食べ物を粗末にしようとする
などなど、他にもたっくさんありました。汗

今となってはまだ産まれて3歳くらいの子が1度いうだけで理解出来るわけがない。
そう分かるのですが、イヤイヤ期真っ最中は毎日注意してばかりなのにどうして分かってくれないんだろう・・とずいぶん悩みました。

3人のイヤイヤ期を経験して思ったことは、”ダメな理由を長く話しても子供は聞いていない(覚えられない)”ということです。汗
「駐車場は車がたくさんあって急に動いたりするから、○○くんがうろうろしていると轢かれちゃうかもしれないよ」と話しても子供は半分以上聞いていません・・。

ですが、理由を教えてあげないとなぜダメなのか理解が出来ず、余計にイヤイヤ反発されてしまいます。
そこで、もう少し説明を短くして分かりやすく言うように変えました。
「駐車場は車とぶつかって痛くなるから危ないよ。」
と、こんな感じです。

もちろん一度注意したところで、何日か後には忘れてしまって何度も繰り返します。ですが根気よく伝えていくと、きちんと言葉と内容を理解していきます。
短い言葉で理由を説明していると、子供も覚えやすいので早く理解してくれます。

一人目の子は周りの子よりも言葉を話すのが遅い方でしたが、何度か短く注意するようにしていると、駐車場に行くたびに「車、危ないね」と片言で話すようになりました。
そして走り回ることもなくなり、きちんと手をつないで歩くようになったのです。

ダメなことは短く要点をまとめて伝えることで、子供も覚えやすいので、「何回も同じこと言っているのに言うことを聞いてくれない!!」とお悩みのママはぜひ、根気よく伝えてみてください。

ここぞという時は親の威厳を見せる

上記でも触れましたが、絶対にしてはいけないことってありますよね。ダメな理由は短く説明することが大事ですが、それでもイヤイヤが収まらない時はどうしたら良いのか・・

私はこの場合、きちんと叱ることも大切だと思います。
叱ると言っても、「だからダメっていってるでしょ!!」と言うのは逆効果です。(私はよく言ってしまっていましたが反省しています・・笑)

子供がどんなに泣き叫んでいても、冷静に叱るのが一番効果的でした。例えば、思い通りにならないとすぐ叩いてしまう子だったとします。
その時は、「叩いたらお友達痛いよ。止めないならもうお家に帰ろうね。」と言って、抱っこして帰ります。
どんなに嫌がっても、そこは一貫してやっていくと子供はいずれ分かってくれます。

ですが、これには普段”子供の気持ちを肯定”していたり、”子供の意見を尊重”していることが前提です。いつもはわがままを許してくれる優しいママがいつもと違うと感じると、子供は徐々に”本当にやってはいけないこと”だと理解していきます。
ここぞという時に厳しくすることでメリハリが出て、子供の”怒られ慣れ”を防ぐことも出来ますよ。

まとめ

1.子供が主張したいことを代弁して肯定してあげる
2.注意する前に一度子供の気持ちを落ち着かせる
3.なぜダメなのかを伝えるときは短く言う
4.普段は優しく、ここぞというときに厳しくしてメリハリをつける

イヤイヤ期は子供の成長に欠かせない時期ですが、その反面ママの負担や責任もかなり大きいと思います。
ほんの少し接し方や叱り方を意識するだけで、イヤイヤも落ち着きママにも子供にも笑顔が増えますよ。

最後に:悩みがあって辛い時は電話占いをしてプロに頼ろう!

加奈子さん
悩みはあるのに誰にも相談できない状態になっていませんか?

実はそれって精神的にすごく負担がかかることなんです。

主婦だと我慢することも多くて大変ですよね。

その気持ちとても良くわかります。

しかしだからこそ、

自分をもっと大切にして欲しいという思いがあります。

私は過去に自分を大切にできなかったために

辛くて苦しい毎日を送っていました。

誰にも相談できる相手がいなかったのです。

だけど今は電話占いをすることによって

定期的にストレスを発散することができています。

「誰かに悩みを話す」

たったそれだけで

辛い日々から脱出することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。