ママ友ラインがうざい人必見!良好関係を保つ返信方法4選

加奈子さん
こんにちは!加奈子です。

ママ友同士のラインってすごく気を遣うし、大変ですよね。

私も二人子供がいるので、お兄ちゃんの関係のママ友と弟君の関係のママ友がいて、それぞれにママ友ライングループがいくつも存在します。

正直どうでもいいラインが多いんですよ。

返信するのが苦痛になるときもあります。

でも、「返さないと関係に亀裂が…」なんて思うと、携帯から目を離すことができませんでした。ママ友だけならいいのですが、子供にも影響すると思うと怖くて必死に返信してました。

さすがにラインのせいで家族ともゆっくり話す時間さえ減っていってしまったので、関係が悪化しない程度に受け流す術を試行錯誤して実践してみました。

おかげで、うっとうしいラインも減り、家族と話すときに携帯がなくても平気な状態になりました。さっそく、私が実際に試したシーン別の対処法を紹介します。

うざいママ友ラインはシーン別に対処法を変える

一日に何度もくる迷惑ライン

一日のうちに、連絡事項以外のラインがくることって多々ありますよね。

「今何してるの?」「今日はいい天気だね」とか日常会話的な雑談が送られてきて、どんどん話が長くなって一日中ラインがピロンピロンとなりっぱなし。

そんなこと興味ありますか?って思うんですよね。

一日に何度もラインがきて、話が途切れそうになると疑問文をつけて送ってきたり、本当にしつこいなって思います。

当時は、個人ラインだと返さないと後で文句言われるんじゃないかって、びくびくしてました。さすがに嫌だなと思い、対策を練ることにしました。

しつこいラインママは、話を盛り上げたり、共感しちゃうとテンションあがってもっとしつこくなる可能性がかなり高めなので、

「へぇ」「ふぅん」「そっか」の短文攻撃にしました。

これだけ?って思われると思うんですけど、話したいママってとにかくかまってほしい人が多いんです。かまってほしいの相手をしてくれない人とわかれば自然とラインは減ってきます。

誰だって自分の話を聞いてくれない人と話すのって嫌じゃないですか?

少し悪いなって思うこともありますが、四六時中送られてくるラインが減るだけで、家族と携帯を触りながら話すのではなく、しっかり向き合って話すことができます。

ライン読んでいる時間が空きますので、家事がスイスイと快適にはかどるようになりましたよ。

ただ、常に短文ではなく時々、共感してあげるようには気を付けていました。おかげで、ママ友関係は悪化することもありませんでした。

加奈子さん
無理に付き合わず、一定の距離をとることが大切ですよね

口で話せばいい内容をラインしてくる

会ったときに話せばいいことをラインしてくる人っていませんか?

現在進行形で私の周りにもいるんですよ。

「今日は誰ちゃんママとランチしたの」とか「子供の習い事がね・・」とか、今じゃなきゃダメですか?って話題をラインでしてくるんですよ。

いつ聞くの?今でしょ!みたいな感じですね(笑)

今聞かなくていいラインをしてくるママにとっている対策法は、

はっきりと「今忙しいから、会ったときに聞くね」と返信するようにしました。

理由付けはなんでもいいと思います。出かけてるからとかでも。

とにかく、今自分はラインをみてる暇がないという意思表示をします。

この一言を返信しておくと、それ以降ラインが頻繁にくることはなくなりました。

次会ったときに聞くねといってあるので、ママ友のほうから「この間の話だけど・・・」って話しかけてくれることも多くなりました。

聞いてもらえる安心感を与えれば、今じゃなくてもいいと相手も思ってくれるので、ママ友関係も良好になります。

子供や家族の写真を送ってくる

子供や家族の写真をタイムラインのように送ってくるママ友はいませんか?

私は、お兄ちゃんの同級生で小さいころから家族ぐるみで親しくしているママ友さんが、旅行に行ったり、何か家族でイベントをしたりするとラインに近況報告と写真を送ってきます。

タイムラインに乗せるならいいんです。なぜかラインで送ってくるんですよね。

自慢したいのかわからないですけど、興味ありません。

最初に「すごく素敵な写真ね」とか、ほめたのがダメでしたね・・・。褒めて以来毎回送ってくるようになって、さすがにうっとうしくなりました。

誰でも、自分の子供や家族が褒められたら悪い気はしませんもんね。

でも、さすがに頻度が多かったので、写真送りつけママへの対策は、

「すごく素敵な写真いつもありがとう。でも、つい素敵で画像保存しちゃうから、携帯の画像の容量がいっぱいになっちゃうの。削除するのも申し訳ないし、送られると保存したくなるし、これからは直接画像をみせてほしいな。写真をとったときの話も一緒に聞きたいし」

と、あくまで表面上は褒めつつ、会ったときにだけ写真をみせるように促しました。

結果として、画像が送られてくる頻度も減って、逆に、会ったときに、話を交えて写真をみることができるので、より状況がわかりやすく、トークにも華が咲くようになりました。

はっきり嫌というのも一つの手ですが、せっかく築いた関係を壊しかねません。あくまで、私は聞く気があるのよアピールをしておくことが大切です。

グループラインは早めの返信とスタンプ活用

ママ友ラインといえば、個人ラインとグループラインがありますよね。

個人ラインは、自分対相手だけなので、返信もしやすく、多少未読スルーになっていても、対処はしやすいです。

ただ、グループラインは別です。

私も、グループラインにいくつか入ってますが、携帯を数時間ぶりに開くと未読メッセージが150件!?みたいなことがよく起こります。

誰かが発信するとグループ内の人がどんどん発信するので、気づいたころには話についていけなかったりするんですよね。しかも、すでに話が終わってると、返信すべきなのかすごく迷います。

参加していないと、グループの人たちからの視線が痛くなることもよくあります。

グループラインは、いろんな人にみられているという反面、人数が多いと埋もれやすい特徴があります。

発言せずに既読スルーは、ばれた時に大変なことになるのでお勧めはしません。

できるだけ波風の立たない対策法は、

グループラインが始まったら、3人目あたりで返信します。そして、後は放置して、たまにスタンプや短文などを挟んでおきます。

早めに返信をすることで、ほかのメンバーに埋もれず参加していることを示すことができます。その後は、少しぐらい放置してもばれません。

定期的にスタンプや短文を送っておくことで、さもずっと参加してるようにみせることができます。

今は、スタンプもいろんな場面で使えるものが増えていて、可愛いものも多いので相手の気分を下げる心配もないですよね。

実際に私は、今書いた方法でグループラインを乗り切っています。

参加してないことを指摘されることもありません。

グループラインは始まるとすごく長くなることが多いですよね。ずっと読み続けるのも大変です。全部に返信してたらキリがありません。

だからこそ、少しさぼるぐらいが一番いいんです。

さぼるぐらいの方が、心のゆとりも持てるし、不参加の罪悪感もなく、責められることもないのでラインがうざく感じることも格段に減ります。

加奈子さん
頑張りすぎないことが大切ですね

まとめ

・一日に何度もくるラインは「へぇ」「ふぅん」「そっか」の短文と少しの共感

・口で話せばいい内容のラインは、返信できない理由付けで意思表示

・写真添付ラインは、画像を褒めつつ会ったときに見せる様に促す

・グループラインは、早めの返信と適度なスタンプと短文でやり過ごす

ママ友って本当にめんどくさいです。

でも、ママ友ネットワークの広さには、驚かされることがあります。貴重な情報源です。

うっとおしいからと、既読スルーやそもそもラインをしないという方法もありますが、それでは、関係も悪くなりますし、大切な情報を聞き逃してしまうかもしれません。

無理をする必要はないですが、上手に交わしていくことで、ママ友同士の関係を良好にしつつ、ママが仲良ければ子供同士のコミュニティーも広がって、子供の世界も広がりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。