旦那と仲が悪い…今後どうすれば良い?夫婦仲が良くなる方法とは!?

昔は、夫婦でなんでも言い合い楽しく過ごしていたのに、今は話もしなくなってきた…。

長く一緒にいると、夫婦のこと、子供のこと、お互いの家のことなど、いろいろな問題が起こります。

私達夫婦も、長年の不満やストレスが積み重なることで、会話が減り夫婦の危機になったことがあります。

旦那と仲が悪い時って、長い連休もユウウツなんですよね。

「このまま離婚かも」とも思いましたが、子供もいるし、その後の生活を考えると、なかなか踏み切ることもできず…。

長期化すればもっとこじれて「家庭内別居」や「仮面夫婦」にもなりかねません。

離婚を望まないのなら、どこかで気合いを入れて、現実と向き合う必要があります。

自分を成長させようと視点を変え、色々試した結果、今は会話も増え夫婦円満になりました!

仲が悪かったことも、笑い話のようにママ友に話したりもしています。今回は、現在旦那と仲が悪くても、夫婦円満になる秘訣をご紹介します。

加奈子さん
旦那を上げて私ばかりが気を遣うようで、最初は乗り気にならないこともありました。「自分のため」と視点を変えると前向きになれますよ

旦那に求めていたものとは

旦那との仲が悪くなっていた時、

・この人との結婚は間違いだった
・だまされた
・もっとよく先を見通しておけば良かった
・一緒にいるとストレス
・一生一緒にいるなんて無理

と、よく考えていました。どうしてこう思いがちになるのか、実は理由があったんです。

結婚する時、旦那に求めていたのが「◯◯な人」だったからです。

・話をきちんと聞いてくれる人
・精神的に支えてくれる人
・自分を必要としてくれる人
・自分を愛してくれる人
・経済的に安定している人

最初は、「◯◯な人」である旦那に、こちらも「とても気遣いをする人」でいました。

だんだん自分も無理が出てきたり、相手が期待に応えてくれなかったりしてきます。

すると、相手の嫌な部分が見えてきて、価値観が合わないかもと思ってしまうのです。

・こんな人じゃなかった
・こんなはずじゃなかった
・私はこんなにやっているのに
・こうなったのは旦那のせい
・私はかわいそう
・こんな気持ちで一生生活していくなんて無理

旦那に「◯◯な人」を求め続けることは、お互い疲れてしまいます。「旦那との良い関係」を求めていきましょう。

加奈子さん
もしも今、旦那との関係が停滞している、仲が悪くなっている場合でも、まだ諦めないでくださいね

今起きている問題は、次へのステップ

何十年も夫婦でいて、問題のなかった夫婦はいません。大なり小なり、いくつもの問題を解決して、今があります。

今起きている問題は、2人が次のステップに上がるチャンスです。問題を乗り越えることができれば、さらに成長し絆も増します。

まずは、自分のことを見つめ直してみましょう。

「私だって1人で家事育児をしている」「仕事もしてる」「旦那は家のこと何もしてない」と思う気持ちもあるかもしれません。

一生懸命やる大変さをわかっているからこそ、旦那さん側の立場にもなってみませんか?縁あって一緒になった旦那さんです。

・疲れて帰宅して休みたいのに、愚痴ばかり聞かされる。
・1日中気を遣って過ごした後、帰ってきたら妻からの小言でまた気を遣う。
・自分の1日の苦労を延々と話す妻
・家事をしても「できてない」と指摘される
・やれば文句を言われ、やらなくても文句を言われる

旦那さんは、休まらない家庭にうんざりしているかもしれません。これ以上相手を刺激しないように、口をつぐみひっそりとしている場合もあります。

私は自分も1日家事に子育てに疲れていましたが、旦那が帰ってきてグッタリしていたら「大丈夫?何かあった?」と声をかけるようにしました。

心の中では「私だってヘトヘトだよ…」と思いました。でも、グッとこらえて、先に相手にいたわってもらうのではなく、先に相手をいたわるように心がけました。

今の2人の問題と原因に目をそらさず、今の現状を色々な視点からみてみましょう。心のこもった態度や振る舞い、言葉の使い方に気をつけるのです。

加奈子さん
問題を乗り越えると覚悟を決めれば、旦那さんの態度もきっと変わりますよ。

夫婦の感情を満たす

今の旦那と価値観が違うから、といって離婚したとしても、次に出会った男性とうまくいくとは限りません。

自分のあり方、考え方を変えて、あなたが相手を想うことから始めてみましょう。

私も旦那と仲が悪かった時期、自分を改めてみようと心に決めました。

「今日はパパの好きな唐揚げだよー!」と好きなメニューを出したり、「今日雨すごかったけど大丈夫だった?」と聞いたりしました。お茶も丁寧に入れてみましたね。

いつも子供ばかりに力を入れる毎日です。自分も疲れてはいますが、旦那を「ほったらかしすぎたかも」とも感じました。

日頃仕事を頑張っている旦那にも感謝して、できることをしていこうと思ったのです。

旦那もあまり話さなかったのですが、私の態度や言葉かけが変わったことで、よく話すようになりました。「子供も大変だったよね」と、私のことも聞いてくれるようになりました。

家事育児をどれだけ一生懸命やったとしても、旦那は満たされていなかったんだと気づいたんです。

夫婦の「機能」を満たしていますが、夫婦の「感情」は満たされていなかったんですね。

本当に大切なのは、機能を満たすのではなく、安心や癒しの感情を満たすことなんです。

加奈子さん
家事育児に追われると、目の前のことをこなすだけで大変です。夫婦や家庭円満でいるために、感情を満たすことも大切に考えていきましょう。

旦那との仲を良くする3ステップ

夫婦の感情を満たすため、夫婦円満のため、3つの対処法をご紹介します。

旦那さんは味方である

旦那さんとは、お互い大好きで結婚しましたよね。何かあれば話を聞いて、励ましたり支えあったりしたものです。今はどうでしょうか。

家事や子育てが大変と、延々と感情を旦那さんにぶつけてはいませんか?言動や行動を批判したり、攻め立ててはいないでしょうか。

毎回批判されたり、意見を押し付けられたり、話さなかったりすれば、嫌な気持ちになりますよね。

妻は自分をわかってくれない敵、とみなされてしまいます。

旦那さんは、元々、あなたの1番の味方だったんです。

加奈子さん
今までのあなたは、旦那さんにとって本当に味方だったでしょうか。過去を振り返り、自分を見つめ直してみましょう。

違いを認める

どんなに仲の良い夫婦でも、考えは違います。

考えが違うと、相手に意見をして自分の考えをわからせようとします。しかし、相手には理解できません。

わからせようとすればするほど、相手を不快な気持ちにさせます。

気づかず相手の嫌がることをしてしまうのも、考えが違うからこそ起こります。

自分の考えがいかに正しいかを、言葉を変えたり、表現を変えたりしても、考えが違うと相手には伝わらないのです。

なぜなら、あなたが正しいと思っているように、相手も自分の考えが正しいと思っているからです。

受けとめる

旦那さんは、何が好きでどんなことが苦手か、どんな風な考え方を持っているのか、知ろうとすることが大切です。

夫婦ゲンカが起こるのは、知ろうとするのではなく、お互いが自分の形の方が正しいと言っているだけなんです。

自分の考えが正しいと思ってしまうと、違う考えの人たちに対して嫌な感情になったり、あの人はおかしいとか思ってしまったりします。

でも、違うのは当たり前で、相手のことはわからなくて当然なんですよね。

自分と違う部分を「魅力的」に受け止めてみましょう。自分の考えは、正しいのではなく「すばらしい」のです。

同時に、相手の考えも間違っているのではなく「すばらしい」となるのです。

加奈子さん
相手に自分の正しさばかりを示すのは避けましょう。相手の違う意見にも「そうなんだね」と思えたら、素敵な夫婦関係を築いていけますよ。

旦那と仲良くするために自分が幸せになる

あなたはパートナーとの関係に、どんなことを求めていますか?安心感かもしれませんし、幸せにしてもらうことかもしれませんね。

加奈子さん
私は好きで一緒になったのに、子供ができてから育児や家事のことでよくケンカをするようになってしまいました。

色々不満があっても、他人を変えることはできないんですよね。私は、自分を変えることにしました。

旦那に「幸せにしてもらう」と期待したり依存したりするのではなく、自分で「幸せになる」と決めたのです。

小さなことでも思いついた好きなこと、やりたいことをやっていくようにしました。お金も上限を決めた上で使いました。

心が満たされていると、余裕も笑顔も出てきます。旦那も子供も、妻の雰囲気にはすぐ気付きます。やはり、ママは家族の太陽なんですね。

どちらかが「幸せにしてもらう」という意識では、夫婦関係はうまくいきません。

「2人で幸せになる」という決意と覚悟を持ち、自らの手で作り上げるのがパートナーシップなんですね。

夫婦はチーム

家族に何か問題が起きた時、誰かに困ったことが起きた時。

夫婦がチームとして取り組めば、1人よりもスムーズに力強く解決していくことができます。

考えが違っても向いている方向が一緒であれば、それぞれ好きな方法で進むこともできます。

「私はこう思う」と押すのではなく、「私達はこういうスタンス」を意識しましょう。

信頼し合えて、自分らしくもいられる関係になれますよ。

まとめ

・旦那には「〜してくれる人」を求めるのではなく、「良い関係でいられること」を求める
・今起きている問題は次へのステップ。自分を見つめ直してみる。
・家庭の機能を満たすよりも、夫婦の感情を満たすことが大切。
・旦那と仲良くするためには「旦那は味方と知る」「違いを認める」「受け入れる」
・旦那と仲良くするために、自分が幸せになる
・夫婦はチーム

夫婦に関係なく、人は長年の付き合いになれば、良いところも嫌なところも見えてきます。

「旦那と仲が悪い」と悩んでいる現状なら、まだやり直しは十分できます。

自分自身を見つめ直し、相手を想った態度で接してみましょう。心のこもった態度や言葉は相手に届き、夫婦円満になりますよ。


最後に:悩みがあって辛い時は電話占いをしてプロに頼ろう!

加奈子さん
悩みはあるのに誰にも相談できない状態になっていませんか?

実はそれって精神的にすごく負担がかかることなんです。

主婦だと我慢することも多くて大変ですよね。

その気持ちとても良くわかります。

しかしだからこそ、

自分をもっと大切にして欲しいという思いがあります。

私は過去に自分を大切にできなかったために

辛くて苦しい毎日を送っていました。

誰にも相談できる相手がいなかったのです。

だけど今は電話占いをすることによって

定期的にストレスを発散することができています。

「誰かに悩みを話す」

たったそれだけで

辛い日々から脱出することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。