小学生の夏休みが充実!一日のスケジュールを決めるコツとは?

もうすぐ子供たちが楽しみにしている夏休みがやってきます。夏休み中の子供は、家でどのように過ごしていますか。

宿題を後回しにして、毎日だらだらと過ごし、昼夜逆転の生活をしている子供も少なくありません。

うちの子たちも毎年、夏休みは毎日だらだらと過ごしていました。夏休み後半に急いで宿題をして、私も子供もバタバタと新学期を迎えていました。

そこで去年から夏休みをもっと充実させるために、スケジュール管理することにしました。

すると、今までの夏休みとは比べ物にならないほど充実した楽しい日々を過ごすことができたのです。

今回は夏休みの一日のスケジュールを決めるコツと注意点をご紹介します。

どうして夏休みの計画が必要なの?

夏休みは学校での授業がないので生活リズムが乱れ、体調を崩しやすい時期です。

さらに小学生は、夏休み明けがもっとも不登校になりやすい時期だとも言われています。

また、夏休み中にだらだらと過ごしていたら、新学期のスタートダッシュでつまずく可能性も十分にあります。

そうならないためにも、夏休みの一日のリズムをきちんと決めておく必要があります。学校でも一日のスケジュールが毎日決まっていますよね。

そういったスケジュールを家庭でも作ると、子供も親も充実した夏休みを過ごせます。うちの子たちも毎年、夏休みのスケジュールを決めるようにしています。

夏休みのスケジュールを決めるようになってからは、子供たちが毎日だらだらと家で過ごすことはなくなりました。一日、一日を大切に過ごしてくれています。

夏休み前にスケジュールを決める!

夏休みに入ってからスケジュールを決めるのでは遅いので、子供が夏休みに入る直前ぐらいに決めましょう。

一学期の振り返りと夏休みに向けた大まかなスケジュールを組んでおきます。

その際、あまりきっちりと決めすぎず、少し余裕のあるスケジュールがいいでしょう。

立派なスケジュールを作っても続けられないようなのは、意味が無いですよね。

そして作ったスケジュール表は、親子ともに日常的に見ることができるところに貼り付けます。

うちの場合は冷蔵庫に貼り付けていますよ。冷蔵庫なら開け閉めするときに必ず目に入ってくるのでおすすめです。

うちの子も麦茶を飲むついでに、アイスを食べるついでに見ています。

私も料理をしながら、冷蔵庫に貼り付けたスケジュールを見て「今は勉強をしている時間か」などチェックできるので安心です。

夏休み中は生活リズムが肝心

夏休みの一日のスケジュールを決める際、「起床、就寝、食事」などの生活の基本となる時間は、学校があるときと同じになるように心がけましょう。

崩れてしまった生活リズムを戻すのは本当に大変です。「生活リズムの崩れ」は心身ともに大きく影響を与えます。

生活リズムが崩れると、やる気が起きなくなり、だらだらと過ごしてしまいがちになります。

体調を崩しやすくなることもあるので、気をつけたいですね。せっかくの楽しい夏休みですから、元気いっぱいで過ごしたいです。

また、夏休み中の毎日の勉強は、ある程度決まった時間に始めると良いでしょう。勉強の時間は午前中がおすすめです。

午後は気温も暑くなり、勉強する気が起きない可能性もあります。午前中は、朝起きて頭がすっきりしているので勉強がサクサク進みます。

午前中にササっと勉強を終わらせて、午後は遊びに出かけるなどメリハリのある一日を過ごせますね。

スケジュールを決めるときの注意点

子供と一緒に相談する

スケジュールを決めるときは、子供の考えを中心にし、一緒に相談して決めることが大切です。

子供は「自分で決めたこと」は頑張って取り組もうとします。そして、毎日の習慣にすれば、子供は簡単に物事に取り組めるようになります。

「自己決定」と、「それを守っていく」という経験は、今後の成長にも活かされていきます。

小学生のうちからクセづけておくと、「自分で考えて行動できる人」「約束を守れる人」になることができます

スケジュールの取り組む時間や内容は、子供の年齢や興味関心によって変えてあげるのがいいでしょう。

うちのお兄ちゃんは体を動かすことが好きなので、外遊びの時間を多くしています。

一方、弟くんは家でいることが多いので、読書の時間を作ってあげています。

子供の好きなこと、得意な事などをスケジュールに盛り込むと実行しやすくなります。

口うるさく言わない

夏休み中は子供のそばにいる時間が多くなりますよね。子供に対して関わる頻度が多くなると、どうしても細かい部分に口を出してしまうことが増えます。

私もうちの子に「夏休みの宿題はどこまで進んだの?」とよく言っていました。子供たちは何回も聞かれて嫌な顔をしていましたね。

少しの手助けは良いことですが、度が過ぎるとかえって悪影響になるかもしれません。

子供の意欲が下がったり、自立の邪魔をしたりせず、学びのチャンスを潰さないように注意する必要があります。

まとめ

・夏休み中は生活リズムが崩れやすいので、一日のスケジュールを作ると良い。
・夏休みに入る前にスケジュールを決め、日常的に見ることができるところに貼り付ける。
・夏休み中も「起床、就寝、食事」などの時間はいつも通りにし、勉強は午前中にするのが良い。
・スケジュールは、子供と一緒に相談して決める。

夏休みは子供が成長するチャンスです。夏休みの一日のスケジュールを決めて、規則正しい生活ができるようにサポートしてあげましょう。

夏休みは普段できないことに挑戦してみたり、宿題を頑張ってみたりと家族みんなが充実した日を過ごせるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。