夏休みの工作は早めに終わらせよう!小学生低学年向けの簡単工作3選!!

小学生の子供を持つと、必ず巻き込まれる夏休みの宿題。そう、工作ですね。私も子供のころはよく、夏休みが終わるギリギリまでやらず、親に怒られながら一緒にやってもらっていました。

周りの子たちは、アイスの棒でログハウスを作っていたり、きれいな貝殻をたくさん使ってオシャレな写真立てを作っていたり…私はというと、適当に作ったので見栄えも悪く、発表の時に恥ずかしい思いをした記憶があります。

でも、工作ってテーマも自由すぎて作るのが難しいですよね?特に小学生低学年の子供だったら一人では複雑なものは作れません。また、道具も危険なものがあったりするので、できれば一緒に作ってあげたいものです。

そこで今回は「低学年の子供向けの簡単な工作3選」をご紹介します。

身近なもので簡単に作ろう!

夏休みの工作って何を選べば良いか、悩みませんか?特に小学校の低学年だと、凝ったものは親が手伝っているとバレバレになっちゃいますし、かといって簡単すぎても私のように恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

できれば、子どもがしっかり学べて、楽しめて、飾っても見栄えが良いものにしたいですよね。

まずは材料ですが、家にあるいらないものや100均で簡単に揃えられるものがおすすめです。

【家にあるいらないもの】
・ビン
・牛乳パック
・輪ゴム
・ビニール袋
・ペットボトル
・トイレットペーパー、ラップの芯 など

【100均で売っている工作におすすめのもの】
・アクリル粘土(後で固まるタイプの粘土)
・クリアファイル、下敷き(クリアタイプのもの)
・紙コップ
・毛糸 など

100均には、手芸用品や工作用品なども売っていたりするのですが、低学年の子には危険だったり複雑だったりするものが多いので、扱いも簡単で危険の少ないものにしてあげましょう。

作ったあとに遊べたり飾ったりできると、子供も楽しく作れますし、おすすめです。子どもが頑張って作った作品は、夏休みの素敵な思い出にもなりますね。

1.簡単に作れる!夏の風物詩『風鈴』

画像は下記URLから引用
https://hoiku-navi.net/natsu-hu-rin/

【材料】

・ペットボトル(紙コップやプリンの空き容器等でもOK)
・ヒモ(テグスや釣り糸、刺繍糸等でOK)
・鈴(100均で買えます)
・飾りつけ(マジック、ビーズ、シール、マスキングテープ等、お好みで準備してください)

作り方

今回は「ペットボトルのフタ部分」を使って作り方を紹介しますね。

ペットボトルの底部分や、紙コップ、プリンやゼリーの容器などでも同じ方法で風鈴が作れます。

1、ペットボトルをカッターやハサミで切ります。

2、ペットボトルのキャップの中央部分にキリやカッター等で穴を開けます。
場所によってはかなり硬いこともあるので、子供が刃物を使う時はケガしないように十分に注意してくださいね。

3、開けた穴へ糸を通します。通した糸が穴を抜けてしまわないように糸の両端にストローや割り箸等を結び付けましょう。キャップの外の糸は輪っかにしてどこへでもひっかけられるようにします。

4、マジックやシール、マスキングテープ等を使い、ペットボトルを飾りつけます。マジックでペットボトルに絵を描くなら油性マジックを準備しましょう。飾りつけは自由ですので、子供と一緒に楽しんでください

5、下側に垂らした糸に短冊と鈴を結び付けます。普通の風鈴とは異なり、ペットボトルだけだと音がしないので、鈴を結び付けましょう。短冊を付けることで、より風鈴っぽい見た目になりますし、風を受けて揺れてくれます。短冊にも好きなように絵を描いたりシールを貼ったら完成です。

2.男の子におすすめ!『割り箸鉄砲』

男の子には、実際に遊ぶことのできるものがおすすめで、楽しく作ることができます。今回ご紹介するのは「割り箸鉄砲」。男子は何歳になっても鉄砲が好きですよね。こういったことはパパも好きなので、「パパと一緒に割り箸鉄砲を作るようにお願いしたら、パパの方が夢中になって作っていた…」ということもあるかもしれません。

普段、パパと子供が過ごす時間が短いという方には親子のコミュニケーションが増えておすすめです。

【材料】

・割り箸
・輪ゴム
・紙やペン(鉄砲に色をつけたり、的を作ったりします)

作り方


1.先端部分に凹みを作ります。
1本だけ、はさみで傷をつけるようにして凹みを付けます。
輪ゴムをひっかける部分になります。

2.割り箸をカットします。
先端に凹みを作った割り箸は、そのまま使うのでカットしないでください。
まずは、はさみで切れ目を作ります。
割り箸を回転させながら、ぐるっと一周に切れ目を付けてください。

切れ目の跡が付いたら、指でポキっと折ります。

短いのを1本、中くらいのを2本作ってください。
これで全てのパーツが揃いました。

3.割り箸を組み立てます。
(カットしていない)長いままの割り箸3本をずらして輪ゴムでとめます。
凹みを付けた割り箸を中央にします。

4.短い割り箸をとめます。
この部分が鉄砲の引き金になります。

中くらいの長さの2本を使って、手で持つ部分を作ります。

完成です。

http://toy7.net/wood/waribasideppou.html

3.女の子におすすめ!『スイーツデコ』

紙粘土は工夫次第で色々な作品を作れちゃうので、子供によって「個性豊かなオリジナル作品」が出来上がります。

特に「スイーツデコ」は見た目がオシャレで可愛いので、どの学年の女の子にも人気です。女の子は「お菓子作り」が大好きですものね。

材料】

・紙粘土
・絵具
・空きビン(ペンスタンドの場合)
・100均の写真立て(フォトフレームの場合)
・飾りつけ(ビーズ、タイル、貝殻等)

作り方

1、紙粘土に絵の具を付けてこねます。お好みの色に合わせて絵具の量は調整してください。少なめだとパステルカラーっぽく、多めだと濃くなります。しっかりこねるとまんべんなく色がついて、少なめにこねるとマーブルっぽくなるので、こね方もお好みです。

数種類の絵具を組み合わせて作るのも面白いですよ。

2、こね終わったら、紙粘土をサランラップの芯等を使って伸ばし、クッキーの型やビンの蓋でくり抜きます。大きさの違うものでくり抜くと、ドーナツにもなります。

3、ビーズや貝殻などを使って飾りつけていきます。小さめのビーズを使うとリアルにできるのでおすすめです。スイーツに飾りつけが終わったら、空き瓶にくっつけていき、スイーツデコの筆立ての完成です。

さいごに

夏休みの工作は子供にとって創作力を育てるだけでなく、親にとっても子供がどのような宿題を出されているのかを見れる良いチャンスでもあります。親が工作を作るのではなく、一緒に作ることによって、夏の思い出を作ることを目標にして取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。