夏休み1番の悩みを簡単解決!作り置きランチで夏を乗り切る!!

「子どもたちの夏休みって、なんでこんなに長いの?」

新学期のバタバタが終わったと思ったら、あっという間に夏休みがやってきます。

しかし、楽しい休みなのは子供だけ。親にとっては普段の生活と変わらず、むしろ手間が増えるばかりです。そんな中でも一番の悩みのタネは、そう「お昼ご飯」。

普段は給食があるから、手抜きでも良かった私ですが、子供がいるとなると話は別。しっかりとごはんを用意してあげなくてはいけません。でも、毎日ちゃんと作っていたら、それだけでバテてしまいそうです。

ただでさえ暑くてバテバテだからこそ、夏休みのランチはできるだけパパッと済ませたいですよね。今回はそんな夏休みのお悩みを解決するアイデアをご紹介します。

夏休みの救世主!作り置きランチ

自分一人なら、お昼ご飯なんて残り物で十分。でも、子供はそうはいきません。飽きたら食べないですし、「またこれ?」って文句も言ってきます。

でも、そのたびに作っていたら、レパートリーも尽きてしまいますし、他の時間が取られてしまいます。そうならないためには、時間も労力もうまく使いたいものです(笑)

夏に限らず、長い期間子供が休みのときには重宝する「作り置き」。できるだけ、「子供のお昼ご飯だけをわざわざ作る」のでなく、晩ご飯を「ついでに」「多めに」作るのがラクです。 ただ、多めに作るだけでは子供も飽きてしまいますので、アレンジできるように一工夫が必要です。

最強の飽きないご飯「カレー」

うちの子はカレーが大好きなので、カレーさえ出しておけば夏休みも乗り切れそうですが、私が飽きてしまいます。カレーはアレンジをきかせても、カレー味は変えにくいので、カレーにする前やカレーの出し方を変えていきます。

カレーにする前のスープからご飯にしてしまう

どの家庭でも、カレーを作るときには、具材を煮込んだものにカレールーを加えますよね。実はカレールーを加える前にしっかりと味付けをすれば、具材ゴロゴロのスープができるんです。

おすすめは、ブイヨンやコンソメを加えて作るスープ。次の日の隠し味になりますし、薄めの塩っ気が夏でも食べやすく、あっさりしています。そして、食べた次の日にはカレールーをポンッと入れるだけで、おいしいカレーの完成です。

カレーのアレンジ

カレーは他の調味料を入れても、なかなかカレーの味は変わらないので、見た目を変えてアレンジすることで、さらにおいしく食べられます。

・お出汁を加えて、ご飯をうどんに変えて「カレーうどん」
・ご飯をタマゴで包んでカレーをかけて「オムカレー」
・ご飯を炊くときに水を少なめにしてカレーを入れて「カレーピラフ」
・チーズとタマゴをのせて、パン粉を振りかけてオーブンで焼いて「カレードリア」
・ハンバーグとサラダとカレーを全部どんぶりにのせて「カレーロコモコ丼」
・から揚げやとんかつをトッピングして豪華に見せちゃう

見た目を変えるだけでも、別の料理に見えて、美味しく食べられます。ポイントは、「何かと組み合わせること」と「最初はシンプルなカレー(笑)」です。最初から凝ったものをご飯に出してしまうとあとからアレンジがしにくくなってしまうので、できるだけシンプルなカレーをアレンジすることが大事です。

1食で栄養バランスも良い!ごはんもの

ご飯は野菜やお肉を混ぜて炊き込むだけで十分1品料理になります。栄養バランスを考えると野菜もたっぷり入れておきたいですね。調味料や具材を変えて炊飯器で炊くだけで、炒めたりせずに簡単にアレンジごはんができます。

・コンソメと夏野菜、鶏肉や魚介類を入れて、簡単ピラフ
・お出汁に、ニンジンやゴボウ、鶏肉を入れて炊き込みご飯
・コンソメとケチャップ、ミックスベジタブルと鶏肉を入れてチキンライス

炊飯器で作るときは、臭みも少なく、ふっくらと出来上がるので、鶏肉を使うことがおすすめです。魚介類などは、冷凍で売っているものをそのまま入れるだけでも簡単にできますよ。

他にも、パスタやお好み焼きなど、1品でメインのご飯になるようなものを多めに作っておくと、それだけで、作り置きランチのバリエーションは大きく増えます。

夏場の作り置きには要注意!

そんな献立の救世主の作り置きですが、実は注意点があります。それは夏場は特に「腐りやすい」ということです。食べた後、鍋をそのままにしているだけで、菌が増殖してしまい、夜には食べられなくなってしまうということもあります。よく、2日目のカレーは美味しいといいますが、作ったものを鍋のまま常温で放置してしまうと、美味しいどころか、食中毒のリスクさえあります。

そうならないためにも、夏の作り置きにはポイントがあります。

作り置きpoint1:腐りやすいものは避ける

夏場、一番腐りやすいのはジャガイモです。ジャガイモに含まれているでんぷん質というのは、菌にとってもおいしいご飯になってしまいます。ですので、できる限り入れない方が良いです。同じく、サトイモやサツマイモなどの芋類や、レンコンやニンジンなどの根菜類も腐りやすいので要注意です。

また、タマゴも同じく腐りやすいため、火を通したからといっても安心せずに、食べきるか、すぐに冷凍保存しましょう。

作り置きpoint2:具材は小さく!

具材が大きいと、火の通りが悪くなってしまい、菌が中で繁殖しやすくなってしまいます。そのため、夏場のカレーは普段よりも細かめに具材を切って入れると良いです。どうしてもゴロゴロした食感が良いという方は、少し手間はかかりますが、カレーとは別に具材を用意して、食べるときに合わせる方がおすすめです。

作り置きpoint3:多めに作ったら、すぐに小分けして冷凍する!

常温で保存してしまうと腐りやすいので、夏場にカレーを作ったら、すぐ小分けにして冷凍保存しましょう。そうすることで、おいしさを保ったままカレーを保存でき、食べるときもレンジで温めるだけなので、作る手間に比べるとグッと楽になります。

さいごに

料理を作ることは意外と時間を取られます。普段お昼にあまり手をかけていないなら、夏休みに一食増えるだけで忙しさが増してしまいます。できるだけ手間をかけずに乗り切りたいですね。

手間を省いた時間に、子供と遊んだり話したり、お出かけする時間にあててあげれば、子供と触れ合う時間も増えますね。作り置きで子供との絆も深めましょう。


最後に:悩みがあって辛い時は電話占いをしてプロに頼ろう!

加奈子さん
悩みはあるのに誰にも相談できない状態になっていませんか?

実はそれって精神的にすごく負担がかかることなんです。

主婦だと我慢することも多くて大変ですよね。

その気持ちとても良くわかります。

しかしだからこそ、

自分をもっと大切にして欲しいという思いがあります。

私は過去に自分を大切にできなかったために

辛くて苦しい毎日を送っていました。

誰にも相談できる相手がいなかったのです。

だけど今は電話占いをすることによって

定期的にストレスを発散することができています。

「誰かに悩みを話す」

たったそれだけで

辛い日々から脱出することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。