子供がゲームばかりで困る?これで解決!たった3つの方法とは


最近、子供がゲームばかりして全然勉強しないとか、言うことを聞いてくれないなど困っている親は多いと思います。
私もそのひとりです。平気で、4時~5時間ゲームで遊んでいて、やめなさいと何回言っても全然効果がありません!!(笑)


ですが、今は、ある3つの方法を実践したことで、子供がゲームにのめり込むということは無くなりました。おすすめなのでご紹介しますね。

ゲームにハマる原因

ゲームは子供だけではなく、大人もハマってしまうそれほど誰もが好きなものだと思います。最近のゲームは日々進化していて、映像がきれいであったり、内容が面白いゲームがたくさん出ています。

色々なゲーム機器が販売されており、今はスマホでゲームをする時代になっています。昔に比べてゲームがとても身近な存在になっているのが現状です。

ゲームは、続けるほどたのしくなる仕組みができています。
それは「努力するとすぐ結果になるということ」です。


何かというと、例えば、ロールプレイングゲームだと主人公がモンスターと戦ってレベルを上げて特技や呪文を覚えて成長し、仲間とともに最後の敵を倒すと達成感がすごいんです。

私もやってみたことがありますが、モンスターを倒してレベルが上がる、これこそ、戦う→努力、レベルが上がる→結果というハマる原因となるものです。

スポーツだったり、勉強だったりと努力をしてもなかなか短期間で結果が出るということは少ないです。一方、ゲームだとやればやるほど結果になるので、これが子供が依存してしまうゲームの魔法なのです。

ゲームは決して悪いものではない?!

よく勘違いされる親御さんが多いのですが、決してゲーム自体は別に悪いものではありません。むしろ、私は子供にとって良いものだと思っています。
なぜかというと、ゲームの種類にもよりますが、結構、頭を使うんですよ。
私も子供がやっていたゲームをやらせてもらったことがあるんです。

エンディングが何通りもあり、進め方次第で、ハッピーエンディングになったり、少し進め方を誤るとバッドエンディングになったりと大人の私でも難しいものでした。ちなみに、子供はハッピーエンディングになっていましたが、私は何度やってもハッピーエンディングにたどり着くことができませんでした。(笑)

他には、言葉の勉強になります。割と大人向けのストーリーのゲームが多いこともあり、難しい漢字が出てくるんです。まだ学校では習っていない言葉があるため、よく子供に「これってどういう意味なの?!」と聞かれます。わからなければパソコンを使って自分で調べることもあります。

なので、ゲームは子供の考える力を育て、知識を増やしてくれるもので、決して子供に悪いものではありません。

ゲームばかりする子供変える方法3選


1.環境を変えてあげる

私が実践しているのは、勉強場所とゲームの置き場所をリビングにしています。
成長する子供の心と体を育むためのいい家、いわゆる「住育」をしています。

家族のコミュニティの中心にあるリビングにすることで、あらゆる効果を生みます。勉強の面だと、子供が親に見られてる意識から自然と勉強するようになり、さらに雑音の中で勉強することで、集中力を養うことができます。

ゲームの場所をリビングにすることで、子供のゲームする時間の管理ができ、家族との会話やテレビの話題など、ゲーム以外のことに興味がいきます。この「住育」を実践してから子供のゲームする時間がだいぶ短くなりました。

2.ゲーム以外のものに興味を持たせる

ゲームにハマる要因として、努力すればすぐ結果につながることです。
これをゲーム以外のものに置き換えてあげるのです。

わたしは、本を子供に勧めています。最初は子供が気になるマンガや本を買ってあげ、ゲームへの意識を少しずつそらせるようにしていました。

子供が本を読み終わると必ず質問してあげます。例えば、サッカーの本でいえば一番面白かったことはなに?!とか、どんなチームが強いの?!などと質問するんです。

本を読んだこと(努力)に対して、伝えることで知識になる(結果)をしてあげることで子供の充実感が生まれます。この方法を実践したことで、毎日ゲームすることはなくなりました。

3.家族との会話を作る

家族全員で一緒に会話する時間を作ってゲームに対する意識をそらせてあげます。わたしたちの家族は、みんな映画が好きなので家族全員で映画を観る習慣を作っています。

映画を見終わったあと、みんなで感想を言ったり、共感したり、次の映画は何にするかなど、自然と家族のコミュニケーションをとることができますよ。気がつくと子供の寝る時間になっているので、必然とゲームすることがなくなっています。

まとめ

1.ゲームにハマる原因は、努力するとすぐに結果になること
2.子供にとってゲームは悪いものではなく、考える力や知識を増やしてくれる
3.ゲームばかりする子供を変える3つの方法は
 「環境を変えてあげること」
 「 ゲーム以外のものに興味を持たせる」
 「 家族との会話を作る」

ゲームをしている子供に対してつい時間を無理やり決めたり、言うことを聞かない子供を怒ったり、ゲームを取り上げるなど、これらの行動は逆効果になります。

子供が悪いのではなく、子供をゲームにハマらせない親の環境づくりが必要ですね。ちょっと工夫し、親が意識を変えることで、子供はいくらでも変わることができるのです!!

最後に:悩みがあって辛い時は電話占いをしてプロに頼ろう!

加奈子さん
悩みはあるのに誰にも相談できない状態になっていませんか?

実はそれって精神的にすごく負担がかかることなんです。

主婦だと我慢することも多くて大変ですよね。

その気持ちとても良くわかります。

しかしだからこそ、

自分をもっと大切にして欲しいという思いがあります。

私は過去に自分を大切にできなかったために

辛くて苦しい毎日を送っていました。

誰にも相談できる相手がいなかったのです。

だけど今は電話占いをすることによって

定期的にストレスを発散することができています。

「誰かに悩みを話す」

たったそれだけで

辛い日々から脱出することができました。