子供の体力作りができる外遊びと3つのメリットを紹介!

年々、子供の体力の低下が問題視されていますよね。その原因として、SNSの普及によるネット依存、ゲームやスマホの増加によって子供が外で遊ばなくなるインドア化などが挙げられています。

私たちの頃の時代は、当然今より、ネットも普及していなかったので、
学校から帰ってきてからはすぐに外に出る準備をして公園に直行していました。その当時、公園に好きな男の子がいたので、暗くなるまで遊んでいた記憶があります。

子供のときに経験した外遊びは大人になるうえで、体力的にも、精神的にもとても重要なのです。ここでは、子供の外遊びがもたらすメリットを紹介します!!

子供の体力低下の3つの要因とは?!

子供の体力低下の要因として、3つあります!!

1つ目は、遊ぶ時間が減ってしまったことです。世の中が日々便利な社会になっていき、モノがありふれているため、外で遊ばなくてもそれ以外のモノ(スマホ、テレビゲーム等)で遊べてしまうために必然的に外で遊ぶ時間が減ってしまいます。

私も今の時代に生まれていたら、外で遊ぶってことはしないかもしれないです。だって、今のスマホだったり、テレビゲームって面白くて魅力的ですよね。今の子供達がいうようにわざわざ、疲れるような遊びはしたくない気持ちもすごくわかります。(笑)

2つ目は、遊び場所が少なくなったことです。私たちの時代の頃は、遊び場所ってたくさんありましたよね。むしろ、森を切り開いて自分で遊び場所を作ったりもしました。公園や空き地も多く、遊び場所に困りませんでした。

しかし、今の時代は、都市化や自動車の普及によって、子供たちの手軽なスポーツや外遊びの場であった空き地や生活道路を奪い、公園も減少傾向にあり、手軽に遊べる空間が無くなっています。

3つ目は、身近にいる同い年の子が減ったことです。少子化が進み、兄弟姉妹の数が減って、スポーツや外遊びの仲間となる身近にいる子供が減少した。

さらにコミュニケーション力が低くなったことで、知らない子と一緒に遊ぶことができないので、自ら遊びに行くことが難しくなり、仲間の減少がスポーツや外遊びをできにくくする要因となっています。

外で遊ぶとこんな3つの効果が?!

1.運動能力の発達
外で、活発的に運動することで、丈夫な体をつくることができ、体力の向上はもちろん、心肺機能、骨の形成などの発達に良い影響をもたらしてくれます。さらに外で遊ぶことにより、免疫力が上がり風邪が引きにくくなる体になっていきます。

2.五感の発達
外遊びは、室内と違って五感をフルに活用します。
雲と青空がまじった空の景色、近所の家からかおる食べ物のにおい、土や草のにおい、太陽の日光の日差し、風の強さなど、自然を感じることで、五感に刺激を与え、子供の発達にとってとてもよい影響をもたらしてくれます。

3.コミュニケーション力、想像力が上がる
外遊びでは、いつもと違うお友達との関わりが多くなり、遊具をゆずったり、一緒に遊んだりと知らない子とコミュニケーションする機会も増えることで、自然とコミュニケーション力が養われます。

さらに、自然の中で遊びは子供に考える機会を与えてくれます。自然の中にあるものを使い、自分たちでルールを考え、遊ぶことでイマジネーション力も養うことができます。

体力アップのためのオススメの外遊び2選!!

1.鬼ごっこ
誰しも一度は遊んだことありますよね?!

鬼ごっこって実は、すごくいい遊びなんです。ルールは、とてもシンプルです。メンバーの中から鬼(追いかける側)を決めて、それ以外のメンバー(逃げる側)は決められた時間内に逃げて鬼が逃げたメンバーに触れば鬼が交代し、それが継続する遊びです。

鬼は逃げるメンバーを捕まえるために、どのように追いおいつめるか、追いかけているときに、この子は逃げているときいつも右に逃げるなど、思考力を大いに活用します。逃げる側についてもこっちに逃げれば遊具があるから鬼の追いかけるスピードが下がるかもとあらゆる可能性を考えることで思考力が上がります。

2.缶蹴り
鬼ごっこと同様、ルールはほぼ一緒です。
違う点として、鬼に捕まると缶の周りに待機していなければいけません。そして缶蹴りの最大の魅力は、鬼に捕まった人を助けられるということ。

鬼が置いた空き缶を鬼に見つからずに空き缶を蹴ることができると今まで捕まっていた仲間を助けることができます。
遊びではありますが、鬼に見つからずに空き缶を蹴る一瞬のタイミングを決める集中力と決断力が育てられることができます!!

私は、子供の頃、よく缶蹴りで遊んでいました。缶蹴りって鬼に見つかっていない最後の一人がかなり重要なんですよ。だって、見つからずに空き缶を蹴ることができたら、全員助けられるので、成功すればヒーローです!!(笑)

私は、当時ヒーローになりたかったので、最後まで身を隠していました。鬼がよそ見をするその一瞬のときを待つためかなり集中して出るタイミングを待っていました。

あとは、その一瞬の飛び出す決断をいつも遊びの中で、経験していました。今思うと集中力と決断力を上げることができたのは、缶蹴りのおかげだと思っています。

まとめ

・子供の体力低下の原因は、現代の時間、空間、仲間の減少
・外遊びの効果として、運動能力の発達、五感の発達、コミュニケーション力と想像力が上がる
・体力アップにオススメの遊びは、鬼ごっこと缶蹴り!!

現代において、便利な時代になり、昔と違って遊ぶモノがたくさん増え、外で遊ぶ機会が減っています。子供が喜んで遊ぶことは嬉しいことですが、親としては、子供の健康が一番の願いだと思います。

外遊びは、子供の体力を上げるだけではなく、コミュニケーション力、想像力、集中力、決断力さらには、仲間を思いやる気持ちなど子供の重要な基礎となる要素がこの外遊びにつまっています!!